【出産祝い】うちの新生児もお気に入り!木遊舎のおもちゃがプレゼントに喜ばれる理由

2018年4月17日





どうもー。ゆーち(ゆうき)のパパです。

2017年の夏、私たち夫婦にとって、初めての赤ちゃんがやってきました。

そして、とても有り難いことに、親戚や友人などからたくさんのお祝いの品をいただきました。

初めての赤ちゃんなので、色々と買い揃えなきゃいけないモノがいっぱいある中、紙オムツやぬいぐるみ、おもちゃなどは本当に助かりました。

特に紙オムツは必需品だから、無限にあっても困ることはありませんね。

 

いただき物は全て大事に使わせて貰っているのですが、その中でも特にハマった『ゆうき的ベストおもちゃ』のひとつを今回ご紹介したいと思います!



白木のおもちゃ「Tama(タマ)」

木遊舎」という工房で製造・販売しているベビーギフトセットの中のひとつ、「Tama(タマ)」という玩具です。妻の伯母の方に出産祝いでいただきました。

シンプルな形をしていますが、絶妙なカーブが良い感じです。こんなにキレイな丸っこさは、腕の良い職人さんでなければ出来ない仕上がりかと。

そして、白木仕上げなので木のぬくもりを感じます。

しっかり研磨されているので、手触りはつるっつるのすべっすべ
大人が触っても気持ち良いので、ついナデナデさわっちゃいますw

Tamaの表面はツルッツルしています

どうやって遊ぶの?

真ん中の柄の部分を持って縦に振ると、両端の玉の部分が当たって「コンコン」と音が鳴ります。
いや、もっと甲高い感じの「カンカン」って音かな?文字にすると難しい。。。

0才児の手にちょうどよい太さで、しっかり握ることができます。

振ると音が鳴って玉が当たる振動が楽しいのか、すぐに遊び方を覚えて一心不乱に振り始めましたw

テンション上がってめっちゃ振り回しますw

玉の部分を持ってブンブン振ったり、何かにぶつけて音を鳴らすことが面白いみたいで、床にガンガン叩きつけるように遊んだりもします。

たまに振り過ぎて、勢い余って自分のおでこにぶつけたり。。。w
運悪く強く当てちゃって、泣いちゃう事もありました。

 

また、先端の玉部分はつまんで回すことができるので、ゆうきはTamaで遊びながら「指先でつまんで回す動作」を自分から覚えました。

口に入れても安全?

白木仕上げなので、塗装は一切されていません。なので、口に入れて変なものを飲み込む心配はありません。すぐに物を口に入れちゃう新生児でも安心して持たせられます。

釘やネジなどの金属類も使われておらず、より安全性を重視している製品ということが伺えます。

全体的にしっかりと研磨されているので引っかかりがなく、口の中などデリケートな部分も傷つくことはありません。子供が成長してくると、先端の玉を丸ごと頬張ったりしてヨダレでベットベトになりますw

ヨダレでベットベトになっても、木製なのである程度の水分は吸収されます。気になる人はティッシュやおしり拭きなどでサッと吹いてあげても良いと思います。

すぐ先端にかぶりつくw

歯が生え始めてくるとガジガジと噛むこともありますが、木製なので本体に歯の傷が付いてしまいます。まぁそれが成長の証なんで、むしろ良い事ですよね~。

床に落としても大丈夫?

木製だから重さも軽く形も丸いので、床に落としてもフローリングに傷は付きにくいと思います。それでもケースバイケースなので、落下速度や角度、床の素材によっては当たった部分の床がヘコむ可能性もありますが。Tama(タマ)自体も木製ならではの素材の柔らかさと軽さで、落としたくらいで壊れたりはしません。もちろんアスファルトの上に叩きつけるような事があった場合は、わかりませんけど。

「木遊舎」とは

愛媛県伊予市にある乳幼児向けおもちゃ工房です。読み方は「もくゆうしゃ」です。

木遊舎のおもちゃは、

  • 安全であること
  • 遊びがひろがること
  • 遊びの環境だけでなく、日本の森林環境にも貢献できること
  • 関わった人みんなが笑顔になること

がコンセプトです。

引用元:木遊舎の紹介 http://www.mokuyusya.com/

木材にこだわり、木や森に優しい理念のある会社さんです。
「カーボン・オフセット」という地球のCO2削減プロジェクトへも貢献しています。

カーボン・オフセット – 環境庁

 

国産のヒノキを中心に、ドイツのポールマイヤー社が管理植林し生産するビーチ(ブナ)材を使っています。

とくに、愛媛県産ヒノキ材を使って作られた玩具は「天使のhoッpe」(てんしのほっぺ)というブランドで全国に発信しているそうです。

企画からデザイン、製造、販売までの全てを自社で行っており、特筆すべきは熟練の職人による手作りのクオリティが半端ない。これは実際に触ってみると、その凄さに驚くと思います。

最初のほうでも触れましたが、すっごい手触りの良い仕上がりで、表面はすべっすべです。職人のこだわりがすごく感じられます。

 

また、すべての工程を自社で行うということは、中抜き業者による余計なマージンを省いています。その為、この品質でかなりの「お値打ち」だと思います。

気になるお値段は?

Tama(タマ)は、1個あたり756円(税込)で公式サイトで販売されています。
※当記事執筆時点の価格です

送料を入れると1,000円ちょいで購入できます。

なんども言いますが、この品質でこの値段は絶対安いです。

どこで売ってるの?

全国の取り扱い店か、公式のオンラインショップサイトでも購入できます。

取扱店のリストはこちらで見れます。

公式ショップの商品ページはこちら

公式サイト以外でも、各ショッピングサイトで購入できるのでポイントを活用したい方はこちらもどうぞ!

出産祝いにはベビーセットがお薦め

Tama(タマ)も含まれている出産祝いに最適な「ベビーセット」がおすすめです。

我が家のゆうきが頂いた出産祝いもこちらのベビーセットになります。

Tama(タマ)以外には「うさぎ」や「ネコ」や「うま」の形をした玩具が入っていて、遊び方のバリエーションも広がります。

ちなみに、ゆうきのお気に入り玩具第2位は、うさぎの顔をしていて振ると音が鳴る玩具です。

公式サイトではこちらで見れます。

 

もし出産祝いの贈り物にお困りでしたら、候補に入れてみてくださいね!