乳幼児も安心♪キドキドたまプラーザテラス店に0歳児の息子を連れて行った体験レポート公開!

2018年11月6日





東急田園都市線たまプラーザ駅ナカ施設「ボーネルンド キドキド あそびのせかい たまプラーザテラス店」に息子のゆーきを連れて行ってきました。

この記事では、ボーネルンドが運営する「キドキド」たまプラーザテラス店を実際に体験し、内部の様子を詳しくお伝えします。

『キドキドって気になってたけど、実際のところどうなってるの?』

そんなギモンにお答えします!

こういう店舗型の遊具施設は初体験!
ゆーきはどんな反応をするのか、楽しみです。



ボーネルンド キドキドって?

ボーネルンドとは、世界中の玩具・家具メーカーと契約し、あそび道具や教育遊具、環境商材など輸入販売している企業です。
そのボーネルンドが運営する子どもたちの遊び場が「キドキド」です。

ボーネルンドたまプラーザテラス店店内

日本全国に21店舗(2018年6月現在)、その多くはショッピングモール内に展開しています。
お買い物のついでに寄って遊んでいくと良い感じですね!

キドキドのコンセプト
「キドキド」は子どもたちの鼓動“ドキドキ”から名づけられました。
キドキドには、子どもが楽しくからだを動かせるゾーン、ごっこ遊びや組み立て遊びを楽しめるゾーンがあります。 どちらにも、「これ何だろう」「やってみたい」と子どもの好奇心を刺激するしかけが盛りだくさん。
あそびにのめり込むうちに体力や創造力や想像力が豊かに育ち、「こころ・頭・からだ」のバランスよい成長につながっていきます。

引用元:https://kidokid.bornelund.co.jp/about/

キドキドたまプラーザテラス店への行き方

東急田園都市線「たまプラーザ駅」直結。
たまプラーザテラス ゲートプラザ1階にあります。

たまプラーザ駅の東改札口から中央広場の方へ向かうとボーネルンド店舗が見えてきます。
ずっと屋根が続いているので、夏場の日差しや風・雨・雪も気にせず行けるのが嬉しいですね。

車の場合は、たまプラーザテラス専用駐車場の利用をおすすめ
駐車場からでも、外に出ることなくキドキドまで行けるので便利です!

キドキドの利用料金

キドキド料金表
引用元:https://kidokid.bornelund.co.jp/price/

気になるのはキドキドの料金ですよね。
初めての人は1回合計1,100円とちょい高め。

会員登録(年間100円)すると、100円割引になる上にポイントが貯まります。
貯まったポイントに応じて無料で利用できる特典がついています。
詳しくはご利用料金ページにて

最初の30分は子供600円、大人500円。その後10分ごと100円の延長料金が掛かります。
※大人は延長料は掛かりません

もし頻繁に利用するなら、フリーパスを購入するとお得になります。

1日フリーパスは、90分以上利用するならお得に。
平日フリーパスは、1ヶ月間で4回以上使うとお得です。

キドキド店内の様子

週末ということもあり、日中は混雑している場合が多いです。

ベビーカー置き場や荷物用ロッカー完備
中は靴を脱いで「はだし」で入場
靴置きスペースは広め
中も結構広く、走り回る子どもたち
ボーネルンドらしい知育遊具もいろいろ!
ボールの池に飛び込む滑り台
高低差がある遊具もあるので、小さい子は大人も一緒に遊んでいます

乳幼児もOK!生後6ヶ月~遊べるスペースあり

生後6ヶ月からでも遊べる「赤ちゃん専用のエリア」があります!
この記事公開時、ゆーきは9ヶ月になりました。

同じくらいの月齢の子と一緒に遊べます。
もしかしたら同年代の子を持つママ友・パパ友がここで出来るかも…?

店内には授乳室もあり、おむつ替えやミルクの時も安心です。

赤ちゃん専用ルームの奥におむつ替え・授乳室があります
鏡を見せると反応がおもしろいですよね

プラスチックの軽いボールなので多少埋もれて大丈夫w
ボーネルンドで販売している知育玩具も常設
すべて子供の目線におもちゃがある

キドキド店内の休憩コーナーにはペットボトルの自販機が設置されています。
ちょっと疲れた時にひと休みができるのが嬉しいですね。

休憩コーナーには自販機とクッションソファで休める

小学生低学年くらいの子供も楽しめる

キドキドたまプラーザテラス店では、なかなかダイナミックな遊具も設置されています。
全身を使って遊ぶことで、筋力や体力がつきそうですw

この輪っかは回転します、酔いそうw
ボルダリングのような大きい子向け遊具もあり

小さい子を連れて行く際に気をつける事

キドキドたまプラーザテラス店は、幅広い年齢の子どもたちが楽しめるので、大きい子たちが走り回って遊んでいることがあります
それはそれで良いことなのですが、たまに「ちょっと危ないな…」と感じることもあります。

週末など混雑している時は特に、ぶつかってケガをしたりしないように周りの子ども達の様子も見ながら遊ばせると良いと思います。

小さい子は特に目を離さないこと!
当たり前のことですが、自分の子くらいは自分で見守る意識は常に持っておくことが大切

キドキドに息子を連れて行った感想

遊具は充実していて、写真に収めきれないほど遊びのバリエーションが豊富です。
(他の子がすでに遊んでいたりして、写真が撮りづらかった為)

料金は若干お高い感じもしますが、フリーパスを使って定期的に通ってみたいと思えるくらい、内容には満足です。
うちの子の場合は、まだつかまり立ちが出来るようになったばかりですが、もう少し成長して色々なおもちゃに触れるようになったら、再び遊びに行こうと思います!

ボーネルンドのおもちゃはカラフルなものが多く、特に赤ちゃんは食いつきがすごいですw
うちのゆーきも、ボーネルンドの色々なおもちゃに興味を示していました。

触ったり・動かしたり・引っ張ったり・回したり…
色々な感触を体験できるので、小さい頃の感覚を養うのに良いものばかり。
おもちゃとしてはなかなか高価なので、プレゼントなどのギフトに是非おすすめです!

全国のおじいちゃん、おばあちゃんは是非ともお孫さんにお願いしますw