子宮筋腫合併妊娠①

2018年4月5日





2017年2月5日(日)妊娠14週1日、この時から前兆がありました。

この日はお出かけをしていて、少し多く歩いた日でもありました。

家に帰ろうとしたとき、急にお腹が痛くなりました。

いま思うと、あれはお腹の張りだったと思います。

初めての妊娠で、お腹が張るという感覚が分からなかったので、腹痛にしか思いませんでした。

月曜日からまた仕事。

火曜日の朝起きたらやはりまたお腹が変で、ガスがたまっているような・・・

腰を丸めて歩かないと痛かったけど、仕事だからとりあえず行きました。

その日、同じ職場のママさんに症状を話すとお腹が張ってるんじゃないの?

あまりよくないよ。と言われ、元々座る仕事だったけど、より一層お腹を気遣いなるべく安静にしていました。

が・・・!

ギブアップしました・・・。お腹が痛すぎてもう何もできない・・・

机に突っ伏したまま放心状態でした。

その日の午前中にはお通じもあった(ちょっと苦しかったけど)ので、

やはりガスだまりかな?

もともと便秘持ちでありしょちゅう腹痛になる私は安易に考えていました。

ですが、いくらトイレに行っても出ない・・・しまいには、お腹に力も入れられなくなっていました。

早退すると決め、幸いなことに自宅にいるパパにお迎えを頼み、家で安静にしていたけど痛みは増すばかり・・・

診療時間外になってしまったけどかかりつけの産婦人科へ行きました!

そしてなんと・・・!子宮筋腫が見つかりました!

実は、その前に別件で行った胃腸内科の先生に触診と超音波で筋腫を指摘されていました。

「ただ、僕は産婦人科医ではないので、きちんと診てもらってね!」と言われ、もちろんすぐに産婦人科で診てもらいました。

結果は・・・「筋腫なんてないよ!胃腸内科の人が分かるわけないじゃん!」でした・・・笑

胃腸内科では、エコーと触診で指摘されました。

まぁ、産婦人科の先生がないと言うならないのか・・・と安心していました。

でもあったじゃん!

とは言いませんでしが・・・。

先生が言った言葉は「小さくて見えなかった。」でした。

さらにもう一発「次はなるべく時間内に来てね」でした・・・

まぁ、どうであれ鎮痛剤をもらえたのでこれで少し楽になると安心しました。

自宅に戻り、寝ていましたが痛みはさらに増すばかり。

妊婦が使える薬だから即効性はないよ!とは言われましたが、非常に痛い。

しまいには、トイレまでも歩けなくなり、起き上がれなくなりました。

息をすることすら痛い・・・。

その日の夜中、痛みで急に目が覚めました。

それと同時に痛みで涙が止まらなくなり、主人が起きました。

鎮痛剤を飲んで少し寝て、また起きて・・・結局、次の日の水曜日にまた産婦人科へ行くことにしました。

だって痛すぎるんですもの!!

そうしたら・・・・そのまま大学病院に入院となりました。タクシーで向かう中、痛すぎてゆっくり走ってくださいとパパがお願いしたほどです・・・。

揺れることも許されなかった・・・笑

そしてタクシーのおっちゃんは、遅すぎる速度で走ってくれました。

さすがに、もう少しスピード出していいです。とパパがツッコミを入れた・・・

それにクスッと笑ってしまった私はまた痛みでもがいておりました。

なんだかんだ入院手続きを終え・・・

2月8日(水)妊娠14週4日。

正式に子宮筋腫合併妊娠という病名がつけられ、入院となりました。

意外と長くなったのでとりあえずここまでにします。